コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹那盆地(読み)たんなぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹那盆地
たんなぼんち

静岡県東部,伊豆半島基部,多賀火山西斜面にある小盆地。標高 235m。ほぼ円形をなす。軽井沢田代などの小盆地が連続している。盆地床はかつては湖であったといわれ,神代杉が埋もれている。田畑が開かれ,周囲の斜面では酪農が行われる。 1930年の北伊豆地震のとき,断層を境に東側が北に 2.6m水平移動し,盆地内に現れた断層は天然記念物に指定されている。 JR東海道本線東海道新幹線は,この盆地の下をトンネルで通っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんなぼんち【丹那盆地】

伊豆半島の付け根にあたる静岡県田方郡函南(かんなみ)町にある盆地。標高約230m,直径約1kmの小盆地で,直下を東海道本線の丹那トンネルが東西に通過している。多賀火山の西斜面の一部が断層運動によって落ち込み,形成されたもので,丘陵性の山に囲まれ,火山灰におおわれる。湖成層が分布していることから,かつて鏡ヶ池とよばれる円形の湖であったことが知られる。狩野(かの)川支流の柿沢川が盆地を貫いて西流し,現在では盆地内は水田化している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android