丹阿弥岩吉(読み)たんあみ いわきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「丹阿弥岩吉」の解説

丹阿弥岩吉 たんあみ-いわきち

1901-1992 大正-平成時代の日本画家。
明治34年6月9日生まれ。丹阿弥谷津子の父。大正6年から横山大観の書生をつとめる。8年日本美術院展で「牡丹」が初入選し,10年院友。のち落合朗風の明朗美術連盟などに属するが,昭和13年以後は無所属で制作活動をつづけ,61年までに43回の個展をひらいた。平成4年11月24日死去。91歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android