丹阿弥岩吉(読み)たんあみ いわきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹阿弥岩吉 たんあみ-いわきち

1901-1992 大正-平成時代の日本画家。
明治34年6月9日生まれ。丹阿弥谷津子の父。大正6年から横山大観書生をつとめる。8年日本美術院展で「牡丹」が初入選し,10年院友。のち落合朗風の明朗美術連盟などに属するが,昭和13年以後は無所属で制作活動をつづけ,61年までに43回の個展をひらいた。平成4年11月24日死去。91歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android