コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主典代 シュテンダイ

デジタル大辞泉の解説

しゅてん‐だい【主典代】

平安時代、院の庁出納をつかさどった。「代」は、朝廷の官と区別するためのもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅてんだい【主典代】

平安時代以後、院の庁において書記をつかさどった役。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

主典代の関連キーワード院の庁下文中原政経平安時代院庁下文中原俊職院庁院司書記女院庁官

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android