コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主幹事 シュカンジ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐かんじ【主幹事】

株式会社株式社債などの有価証券の募集・売り出しを行う際に、有価証券を引き受ける複数の幹事証券会社のうち主導的な役割を果たす証券会社新規株式公開(IPO)の場合は、株式発行会社が行う資本政策の策定・内部管理体制の整備・上場申請書類の作成などについて助言・指導を行う。また企業内容の審査や、証券取引所財務局等との折衝・調整なども行い、公開価格の決定にも関与する。主幹事証券会社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主幹事の関連情報