コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主権免除 しゅけんめんじょsovereign immunity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主権免除
しゅけんめんじょ
sovereign immunity

裁判権免除 (jurisdictional immunity) ,あるいは国家免除 (state immunity) ともいう。主権国家およびその機関が,その行為あるいは財産をめぐる争訟について,外国の裁判所の管轄に服することを免除されること。主権免除の適用範囲に関して,かつては「絶対免除主義」が有力で,およそ国家の行為またその財産については,すべて裁判権免除が認められるとされた。これに対して今日では「制限免除主義」が有力になり,国家実行においても支持されて一般国際法の原則として確立した。それによると国家の活動をその機能により主権的行為と私法的・商業的な性格をもつ業務管理的行為に分け,前者についてのみ裁判権免除が認められるとされる。ただし制限免除主義については,主権的行為と業務管理的行為とを分ける基準が明確でないという問題がある。 1972年のヨーロッパ国家免除条約は,主権免除に関する最初の多数国間条約であるが,ここでは免除が認められない場合を列挙し,それ以外はすべて免除するという方式が採用された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

主権免除の関連キーワードパルルマン・ベルジュ号事件裁判権免除一方的行為公船

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android