コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主権平等 しゅけんびょうどうsovereign equality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主権平等
しゅけんびょうどう
sovereign equality

各国の法的地位を定める国際法上の最も基本的な原則の一つ。国連憲章も第2条1項で加盟国の主権平等を定めている。平等権は一般に法的地位の形式的平等,すなわち既存の法規を平等に適用することを意味するといわれる。しかし法規そのものが差別的内容を含んでいる場合には,不平等な結果をもたらすため,特に南北問題の解決にかかわって国家の待遇に形式的には逆差別を与える制度が平等の観念のもとに採用されてきている。一般特恵制度などはその例である。また国連安全保障理事会では,常任理事国には拒否権が与えられているが,そうした投票権の不平等は国連の機能に不可欠なものであり,機能的平等という概念を用いて主権平等の原則に反しないと論じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

主権平等の関連キーワード諸国間の友好関係に関する宣言諸国間友好関係宣言アフリカ統一機構国際連合加盟国国内標準主義国際連合憲章友好関係宣言不平等条約旧敵国条項朝貢貿易平和構築国際連合UN

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主権平等の関連情報