主観的(読み)シュカンテキ

デジタル大辞泉の解説

しゅかん‐てき〔シユクワン‐〕【主観的】

[形動]
表象・判断が、個々の人間や、人間間の心理的性質に依存しているさま。⇔客観的
自分ひとりのものの見方・感じ方によっているさま。「主観的な考え」⇔客観的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅかんてき【主観的】

( 形動 )
主観に基づくさま。また、自分だけの見方にとらわれているさま。 ⇔ 客観的 「 -な判断」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅかん‐てき シュクヮン‥【主観的】

〘形動〙 主観に基づくさま。自分だけにしか通用しない、ひとりよがりなさま。表象判断、評価が、個々の人間の心理的性質に依存しているさま。また、体験する人間同士の間の心理的性質に依存しているが、客観的存在にはかかわらないさま。⇔客観的。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主観的の関連情報