コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独断的 ドクダンテキ

デジタル大辞泉の解説

どくだん‐てき【独断的】

[形動]
深く吟味しないで、ひとりよがりの判断を真理として主張するさま。「独断的な見解」
カント哲学で、認識能力の限界や本質について吟味せず、純粋な理性によって実在を認識できると主張するさま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくだんてき【独断的】

( 形動 )
他人の意見を聞かず、自分だけの考えで物事を決めてゆくさま。 「 -な態度」 「最初に考へた程此点に於て-な暴君ではなかつた/明暗 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

独断的の関連キーワードリヒター(Eugen Richter)エデス・イレーネ ソーデルグランヒュセイン・アブニ・パシャライプニッツ=ウォルフ学派アキム ヴォルインスキーナーシル・ウッディーン徳島ラジオ商殺し事件オイゲン リヒターインド国民会議派ショーデルグランドグマティックデューリング村山トラウマドイツ観念論実践理性批判コルネリウスドグマチック論理実証主義新渡戸十次郎暗証の禅師

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独断的の関連情報