客観的(読み)きゃっかんてき

精選版 日本国語大辞典「客観的」の解説

きゃっかん‐てき キャククヮン‥【客観的】

〘形動〙 主観を離れて、客観そのものに即しているさま。また、第三者の立場物事を見たり考えたりするさま。即物的。対象的。かっかんてき。⇔主観的。〔辞林(明治四〇年版)(1907)〕
※面白半分(1917)〈宮武外骨〉政教文芸の起源は悉く猥褻なり「只之を客観的(キャククヮンテキ)に露出し客観的に描きて」

かっかん‐てき カククヮン‥【客観的】

〘形動〙 =きゃっかんてき(客観的)哲学字彙(1881)〕
※俳人蕪村(1897)〈正岡子規〉客観的美「客観的美と主観的美とも亦相対して美の要素を為す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「客観的」の解説

きゃっかん‐てき〔キヤククワン‐〕【客観的】

[形動]
主観または主体を離れて独立に存在するさま。⇔主観的
特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま。「客観的な意見」「客観的に描写する」⇔主観的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android