コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客観的 キャッカンテキ

3件 の用語解説(客観的の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゃっかん‐てき〔キヤククワン‐〕【客観的】

[形動]
主観または主体を離れて独立に存在するさま。⇔主観的
特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま。「客観的な意見」「客観的に描写する」⇔主観的

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かっかんてき【客観的】

( 形動 )

きゃっかんてき【客観的】

( 形動 )
個々の主観の恣意しいを離れて、普遍妥当性をもっているさま。 ↔ 主観的

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

客観的の関連キーワード客観主義桁外れ主観性心霊手を離れるピュシス影護里離れ独立節水流れて元の海に入り月落ちて天を離れず

客観的の関連情報