客観的(読み)キャッカンテキ

デジタル大辞泉の解説

きゃっかん‐てき〔キヤククワン‐〕【客観的】

[形動]
主観または主体を離れて独立に存在するさま。⇔主観的
特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま。「客観的な意見」「客観的に描写する」⇔主観的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かっかん‐てき カククヮン‥【客観的】

〘形動〙 =きゃっかんてき(客観的)〔哲学字彙(1881)〕
※俳人蕪村(1897)〈正岡子規〉客観的「客観的美と主観的美とも亦相対して美の要素を為す」

きゃっかん‐てき キャククヮン‥【客観的】

〘形動〙 主観を離れて、客観そのものに即しているさま。また、第三者の立場物事を見たり考えたりするさま。即物的。対象的。かっかんてき。⇔主観的。〔辞林(明治四〇年版)(1907)〕
※面白半分(1917)〈宮武外骨〉政教文芸の起源は悉く猥褻なり「只之を客観的(キャククヮンテキ)に露出し客観的に描きて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

客観的の関連情報