コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保田淳 くぼた じゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保田淳 くぼた-じゅん

1933- 昭和後期-平成時代の国文学者。
昭和8年6月13日生まれ。白百合女子大助教授などをへて,昭和59年東大教授。平成6年白百合女子大教授。専門は中世文学で,とくに中古・中世の和歌史の研究で知られる。17年日本学士院会員。25年文化功労者。東京出身。東大卒。著作に「新古今和歌集全評釈」「藤原定家とその時代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久保田淳の関連キーワード藤原定家(ふじわらのていか)建礼門院右京大夫集平家公達草紙千載和歌集問はず語り後鳥羽天皇日本文学藤原俊成藤原家隆藤原隆祐久松潜一九条良通正宗敦夫藤原隆房今物語山家集桐の花壬二集釈教歌神祇歌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久保田淳の関連情報