コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保長闇堂 くぼ・ちょうあんどう

1件 の用語解説(久保長闇堂の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

久保長闇堂

没年:寛永17.6.28(1640.8.15)
生年:元亀2(1571)
江戸前期の侘び茶人。名は利世,通称権太夫,長闇堂は号。奈良春日社の神人の家に生まれる。天正15(1587)年に行われた豊臣秀吉北野大茶の湯に出かけ,茶人となることを決意。茶入の仕服などを製する袋物師のかたわら茶の湯に携わる。松花堂昭乗や大名茶のリーダーとも目された小堀遠州らの親交を得た。寛永年間(1624~44),東大寺の重源御影堂が改築されるに際して古材を譲り受けて7尺の茶処とした。これに小堀遠州が鴨長明の方丈になぞらえて「長闇」堂と命名。現在,奈良興福院に再建されている。また,その死去に遠州は「悼久保翁記」を記した。<著作>『長闇堂記』(『茶道古典全集』3巻)

(谷端昭夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

久保長闇堂の関連キーワードキリシタンブラガンサ朝ピューリタン革命エキュジョアン[4世]ルーベンスの家駒ヶ岳(北海道)モントリオール条約米国の債務(借金)上限問題駒ケ岳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone