コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保長闇堂 くぼ・ちょうあんどう

1件 の用語解説(久保長闇堂の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

久保長闇堂

没年:寛永17.6.28(1640.8.15)
生年:元亀2(1571)
江戸前期の侘び茶人。名は利世,通称権太夫,長闇堂は号。奈良春日社の神人の家に生まれる。天正15(1587)年に行われた豊臣秀吉北野大茶の湯に出かけ,茶人となることを決意。茶入の仕服などを製する袋物師のかたわら茶の湯に携わる。松花堂昭乗や大名茶のリーダーとも目された小堀遠州らの親交を得た。寛永年間(1624~44),東大寺の重源御影堂が改築されるに際して古材を譲り受けて7尺の茶処とした。これに小堀遠州が鴨長明の方丈になぞらえて「長闇」堂と命名。現在,奈良興福院に再建されている。また,その死去に遠州は「悼久保翁記」を記した。<著作>『長闇堂記』(『茶道古典全集』3巻)

(谷端昭夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久保長闇堂の関連キーワード橘屋道退金森重直侘び茶侘び数奇粟田口善法雷権太夫竹本組太夫(初代)竹本錦太夫(3代)唯権太夫武蔵権太夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone