大名茶(読み)だいみょうちゃ

世界大百科事典 第2版の解説

だいみょうちゃ【大名茶】

江戸時代の大名によって担われた茶の湯桃山時代茶道発展は,大名,公家町人僧侶など幅広い支持層をもったが,江戸時代になって各身分差が厳重になるとともに,それぞれの担い手の層によってその茶道の性格も微妙な差異を見せるようになった。《清巌禅師茶事十六ヶ条》に〈大名有力の茶〉という語があり,町人の茶に対する大名の茶というタイプが意識されている。大名茶といえば歴代徳川将軍の茶道指南とされる古田織部小堀遠州片桐石州ら大名茶人の茶風を指すが,織部にはかぶき者的な性格があって大名茶と性格を異にする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android