コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大名茶 だいみょうちゃ

世界大百科事典 第2版の解説

だいみょうちゃ【大名茶】

江戸時代の大名によって担われた茶の湯桃山時代茶道の発展は,大名,公家,町人,僧侶など幅広い支持層をもったが,江戸時代になって各身分差が厳重になるとともに,それぞれの担い手の層によってその茶道の性格も微妙な差異を見せるようになった。《清巌禅師茶事十六ヶ条》に〈大名有力の茶〉という語があり,町人の茶に対する大名の茶というタイプが意識されている。大名茶といえば歴代徳川将軍の茶道指南とされる古田織部小堀遠州片桐石州ら大名茶人の茶風を指すが,織部にはかぶき者的な性格があって大名茶と性格を異にする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大名茶の関連キーワード本松斎一甫(初代)遠州流(茶道)久保長闇堂遠州七窯中沼左京小林如泥木津宗詮藪内剣仲金森宗和織部棚宗和流織部陶遠州流