コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久坂玄機 くさか げんき

3件 の用語解説(久坂玄機の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

久坂玄機

江戸後期の蘭医。長門生。名は真、別号に天籟。玄瑞の兄。代々医をもって萩藩に仕える。長崎で蘭学を学び、ついで大坂の緒方洪庵に入門。適塾の塾頭を務める。長州藩で種痘が行なわれたのは玄機に負うところが大きい。安政元年(1854)歿、35才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久坂玄機 くさか-げんき

1820-1854 江戸時代後期の医師。
文政3年生まれ。久坂玄瑞(げんずい)の兄。緒方洪庵(こうあん)に蘭学をまなぶ。長門(ながと)(山口県)萩藩(はぎはん)医学館の都講役となり,嘉永(かえい)2年種痘を実施。7年病をおして藩主毛利敬親(たかちか)に海防策を上申し,数日後の2月27日死去した。35歳。名は真(まこと),静。号は天籟。訳書に「演砲法律」「治痘新局」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

久坂玄機

没年:安政1.2.27(1854.3.25)
生年:文政3(1820)
江戸後期の蘭学者。長州(萩)藩医久坂良迪の長男。名は真又静,天籟と号した。萩で儒学,蘭学を学び,弘化4(1847)年6月から嘉永1(1848)年まで大坂の緒方洪庵に蘭学を学んだ。大坂遊学中に蘭書『ヘロトン』を翻訳して『演砲法律』と名づけた。伊東玄朴に江戸に出ることを勧められたが,辞退して萩に帰り,藩の医学館の都講役(講師)となった。嘉永2年9月藩内に牛痘接種を実施することとなり,赤川玄悦,青木周弼らと引痘掛を命ぜられ,『治痘新局』を訳述。翌3年6月医学館が好生館と改称され,都講兼御書物方となった。尊王の志があったことから僧の月性とも親交があり,海外の事情にも明るく,藩の実力者村田清風からしばしばその意見を聞かれたという。詩作に秀で,『久坂天籟詩文稿』を残している。吉田松陰の妹婿久坂玄瑞は実弟。<参考文献>田中助一『防長医学史』

(田中助一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久坂玄機の関連キーワード上田仲敏蘭学蘭学階梯海上随鴎蘭学の宇田川家3代大高元哲熊坂蘭斎斎藤方策佐々木元俊下間良弼

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone