之繞を掛ける(読み)シンニュウヲカケル

大辞林 第三版の解説

しんにゅうをかける【之繞を掛ける】

物事の程度をいっそうはなはだしくする。輪をかける。 「まっ正直に-・けたような人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんにゅう【之繞】 を 掛(か)ける

① その漢字に、しんにゅう(「辶」の形)を書き加える。
※雑俳・柳多留‐五四(1811)「しんにうを掛て米屋の子を尋ね」
程度をいっそうはなはだしくする。おおげさにする。輪をかける。
※洒落本・蕩子筌枉解(1770)含情無片言「まけおしみへしんにふかけたるてあいといふべし」
※万朝報‐明治三八年(1905)二月二日「小村君の如き豪傑、ビスマルクに辶(シンニフ)をかけたる大人物と雖も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android