コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹沢先生と云ふ人 たけざわせんせいといふひと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹沢先生と云ふ人
たけざわせんせいといふひと

長与善郎長編小説。 1924~25年発表。日本近代医学の先駆者であった父長与専斎を偲びつつ,父から受継いだ資質のままに,おりにふれての人生観世界観,宗教観などを,自己の分身である竹沢先に語らせるという趣向の小説。西洋と東洋の調和融合の姿勢で穏健な教養,思想が述べられ,作者の代表作となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たけざわせんせいというひと〔たけざはセンセイといふひと〕【竹沢先生と云ふ人】

長与善郎の思想小説。自身が主宰する同人誌不二(ふじ)」に、大正13年(1924)から大正14年(1925)にかけて連載。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たけざわせんせいというひと【竹沢先生と云ふ人】

長編小説。長与善郎作。1925年(大正14)刊。弟子の視点から竹沢先生との関係を回想、思索的な生活を通して理想的人間像を提示する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竹沢先生と云ふ人の関連キーワード戒める・誡める・警める・縛めるちゃんちゃん之繞を掛ける知識・智識長与 善郎安心立命白川夜船ぶりぶりごたくさハンブル言開く逆しまどうで差詰め人間像居続け顔違い派手者行け口懐疑

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android