コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹沢先生と云ふ人 たけざわせんせいといふひと

3件 の用語解説(竹沢先生と云ふ人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹沢先生と云ふ人
たけざわせんせいといふひと

長与善郎長編小説。 1924~25年発表。日本近代医学の先駆者であった父長与専斎を偲びつつ,父から受継いだ資質のままに,おりにふれての人生観,世界観,宗教観などを,自己の分身である竹沢先生に語らせるという趣向の小説。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たけざわせんせいというひと【竹沢先生と云ふ人】

長編小説。長与善郎作。1925年(大正14)刊。弟子の視点から竹沢先生との関係を回想、思索的な生活を通して理想的人間像を提示する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

竹沢先生と云ふ人の関連キーワード高校野球父を売る子フランス映画甲子園球場リニューアル阪神甲子園球場リニューアル金大中オリンピックギュムリコフカサンクト・ペテルブルク

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone