竹沢先生と云ふ人(読み)たけざわせんせいといふひと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹沢先生と云ふ人
たけざわせんせいといふひと

長与善郎長編小説。 1924~25年発表。日本近代医学の先駆者であった父長与専斎を偲びつつ,父から受継いだ資質のままに,おりにふれての人生観世界観,宗教観などを,自己の分身である竹沢先生に語らせるという趣向の小説。西洋と東洋の調和融合の姿勢で穏健な教養,思想が述べられ,作者の代表作となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たけざわせんせいというひと【竹沢先生と云ふ人】

長編小説。長与善郎作。1925年(大正14)刊。弟子の視点から竹沢先生との関係を回想、思索的な生活を通して理想的人間像を提示する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たけざわせんせいというひと たけざはセンセイといふひと【竹沢先生と云ふ人】

長与善郎作。大正一三~一四年(一九二四‐二五)発表。主人公竹沢先生の死後、弟子塚本が手紙や随筆などに基づいて先生の思想や生活を回想するという形式で竹沢先生を通し作者自身の人生観を表わした独特な思想小説。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android