コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗竹東谷 のりたけ とうこく

1件 の用語解説(乗竹東谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乗竹東谷 のりたけ-とうこく

1733-1794 江戸時代中期-後期の武士。
享保(きょうほう)18年生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩士。桜井舟山(しゅうざん)にまなぶ。家老となり,藩校弘道館の開設にたずさわるなど,文教の振興につとめた。寛政6年4月死去。62歳。字(あざな)は子賚。通称は九郎右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

乗竹東谷の関連キーワード宋紫山赤荻露牛大橋宗順柴居三鍼朱人樗雲出目満真山下池亭吉田子方