コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗鞍高原 ノリクラコウゲン

3件 の用語解説(乗鞍高原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のりくら‐こうげん〔‐カウゲン〕【乗鞍高原】

長野県松本市西部にある高原。乗鞍岳東麓に広がる火山泥流による溶岩台地。標高1200~1500メートルキャンプ場スキー場などのほか、カラマツシラカバに囲まれた休暇村がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕乗鞍高原(のりくらこうげん)


長野県中西部、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)南部の乗鞍岳(標高3026m)東麓(とうろく)一帯の溶岩台地をいう。標高約1500m。スズラン・ミズバショウほか高山植物が群生。ダケカンバの樹林は野鳥の宝庫。スキー場・キャンプ場や国民休暇村・乗鞍自然保護センターなどの施設がある。南部に乗鞍自然園と一ノ瀬園地を整備。乗鞍岳登山基地の一つで、上高地(かみこうち)乗鞍スーパー林道が通じる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乗鞍高原
のりくらこうげん

長野・岐阜県境にある乗鞍岳東麓(とうろく)の高原。松本(まつもと)市に属する。標高1500メートル前後の緩斜面で、昭和初年までは南安曇(みなみあずみ)郡安曇村の共有入会(いりあい)地であったが、昭和30年代から観光開発が進み、上高地乗鞍スーパー林道などが通じ、上高地や岐阜県平湯(ひらゆ)方面への連絡もよい。シラカバ、シラビソ、コメツガの樹林やスズラン、ヤナギラン、マツムシソウなどの植物が豊富。国民休暇村、自然保護センターがあり、冬はスキー場としてにぎわう。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の乗鞍高原の言及

【乗鞍岳】より

…鶴ヶ池畔の畳平(2740m)までは長野・岐阜両県からバス登山道路が通じ,畳平のバスターミナル付近には,乗鞍神社本宮遥拝所,電報電話局,郵便局,営林署,診療所,旅館,山小屋などの施設がある。 長野県側山麓の乗鞍高原は標高1300~1800mの広大な高原で,1952年の乗鞍高原スキー場開設以来観光開発が進み,番所(ばんどこ)や鈴蘭小屋(1976年白骨(しらほね)温泉上流部からの引湯成功以後発展)付近に宿泊・保養施設が開かれて,四季の行楽客を集めている。また,山頂から東麓の位ヶ原(くらいがはら)にかけての雪渓では,夏スキーが楽しめる。…

※「乗鞍高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乗鞍高原の関連情報