コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九泉 キュウセン

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐せん〔キウ‐〕【九泉】

《幾重にも重なった地の底の意》死後の世界。黄泉(こうせん)。よみじ。あの世。また、墓場。
「兼ねては父祖の尸(かばね)を―の苔の下に羞(はづか)しむる恨みあり」〈太平記・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうせん【九泉】

〔九重にかさなった地の底の意〕
死後に行くという世界。黄泉こうせん。あの世。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の九泉の言及

【冥府】より

…ひろくは〈地獄〉〈他界〉〈黄泉国〉〈〉などの項を参照されたい。 古代中国では,死者の霊魂の帰する所は〈黄泉〉〈九泉〉〈幽都〉などと呼ばれ,本来地下にあると考えられたが,後には北方幽暗の地にあるとする説も生じた。死者の魂魄を呼びもどす招魂の儀礼が北方に向かって行われるのはそのためである。…

※「九泉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

九泉の関連キーワード冥府九重