(読み)キュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう〔キウ〕【九】

数の名。8の次、10の前の数。ここのつ。く。
9番目。第9。
[補説]金銭証書などで、間違いを防ぐために「玖」を用いることがある。

きゅう【九】[漢字項目]

[音]キュウ(キウ)(漢) (呉) [訓]ここの ここのつ
学習漢字]1年
〈キュウ〉
数の名。ここのつ。「九回九経九卿(きゅうけい)重九(ちょうきゅう)
数の多いこと。「九重(きゅうちょう)・九死一生/三拝九拝
〈ク〉に同じ。「九月九九(くく)九分九厘三三九度
〈ここの〉「九重九日
[名のり]かず・ただ・ちか・ちかし・ひさ
[難読]九年母(くねんぼ)九十(ここのそじ)九十九髪(つくもがみ)九十九折(つづらお)り

く【九/×玖】

数の名。8の次、10の前の数。ここのつ。きゅう。
9番目。第9。

く【九/久/丘/究/宮】[漢字項目]

〈九〉⇒きゅう
〈久〉⇒きゅう
〈丘〉⇒きゅう
〈究〉⇒きゅう
〈宮〉⇒きゅう

ここ【九】

ここのつ。数を「一(ひ)・二(ふ)・三(み)…」と数えるときに用いる。ここの。

ここの【九】

く。きゅう。ここのつ。数をかぞえるときの語。この。「なな、や、ここの、とお」
く。きゅう。ここのつ。多く、名詞の上に付けて用いる。「ここの月」
「はしきやし翁(おきな)の歌におほほしき―の児らや感(かま)けて居(を)らむ」〈・三七九四〉

この【九】

《「ここの(九)」の》ここのつ。きゅう。数をかぞえるときにいう。「なな、や、この、とお」

チュー【九】

《〈中国語〉》数字の、9。九つ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅう【九】

八より一つ多い数。く。ここのつ。 〔大字として「玖」の字を用いる〕

ここの【九】

九。ここのつ。名詞の上に付けて、複合語を作る。この。 「 -重」 「かがなべて夜には-夜/古事記
ここのつ。数を数える時に用いる。この。 「なな、や、-、とお」

この【九】

〔「ここの(九)」の略〕
九。声に出して物を数える時の語。 「なな、やあ、-、とお」

チュー【九】

〔中国語〕
ここのつ。九

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九の関連情報