コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう〔キウ〕【九】

数の名。8の次、10の前の数。ここのつ。く。
9番目。第9。
[補説]金銭証書などで、間違いを防ぐために「玖」を用いることがある。

きゅう【九】[漢字項目]

[音]キュウ(キウ)(漢) (呉) [訓]ここの ここのつ
学習漢字]1年
〈キュウ〉
数の名。ここのつ。「九回九経九卿(きゅうけい)重九(ちょうきゅう)
数の多いこと。「九重(きゅうちょう)・九死一生/三拝九拝
〈ク〉に同じ。「九月九九(くく)九分九厘三三九度
〈ここの〉「九重九日
[名のり]かず・ただ・ちか・ちかし・ひさ
[難読]九年母(くねんぼ)九十(ここのそじ)九十九髪(つくもがみ)九十九折(つづらお)り

く【九/×玖】

数の名。8の次、10の前の数。ここのつ。きゅう。
9番目。第9。

く【九/久/丘/究/宮】[漢字項目]

〈九〉⇒きゅう
〈久〉⇒きゅう
〈丘〉⇒きゅう
〈究〉⇒きゅう
〈宮〉⇒きゅう

ここ【九】

ここのつ。数を「一(ひ)・二(ふ)・三(み)…」と数えるときに用いる。ここの。

ここの【九】

く。きゅう。ここのつ。数をかぞえるときの語。この。「なな、や、ここの、とお」
く。きゅう。ここのつ。多く、名詞の上に付けて用いる。「ここの月」
「はしきやし翁(おきな)の歌におほほしき―の児らや感(かま)けて居(を)らむ」〈・三七九四〉

この【九】

《「ここの(九)」の》ここのつ。きゅう。数をかぞえるときにいう。「なな、や、この、とお」

チュー【九】

《〈中国語〉》数字の、9。九つ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅう【九】

八より一つ多い数。く。ここのつ。 〔大字として「玖」の字を用いる〕

ここの【九】

九。ここのつ。名詞の上に付けて、複合語を作る。この。 「 -重」 「かがなべて夜には-夜/古事記
ここのつ。数を数える時に用いる。この。 「なな、や、-、とお」

この【九】

〔「ここの(九)」の略〕
九。声に出して物を数える時の語。 「なな、やあ、-、とお」

チュー【九】

〔中国語〕
ここのつ。九

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

九の関連キーワードチンチウティエルーチュウチャイコウ九十九里浜平野マーインチウ割り声・割声チュウチアンジォウフェン九品の浄刹つくもたん九ヵ国条約前九年の役後三年の役其角堂永湖九六四問題チウチヤン九五の位浄観よ節九六大関藤原兼実藤原呈子

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九の関連情報