コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九原 キュウゲン

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐げん〔キウ‐〕【九原】

《中国の春秋時代、晋(しん)の卿(けい)・大夫(たいふ)の墓のあった地名から》墳墓。墓地。また、あの世黄泉(よみ)。
「獄門にかくるまでもなくて、―の苔に埋もれにけり」〈太平記・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうげん【九原】

〔中国春秋時代に晋の卿大夫の墓があった地名から〕 墓地。墓場。 「 -の苔に埋れにけり/太平記 7
あの世。黄泉よみ。よみじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

九原の関連キーワード全日本産業別労働組合会議国鉄行政整理反対闘争経済安定九原則360円レートドッジ・ライン産業防衛闘争シャウプ勧告対日占領政策マッカーサートルコ人民党地域闘争日米関係池田勇人洪範九疇パオトウ卿大夫吉田茂五原郡武霊王呂布

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九原の関連情報