乱逆(読み)らんげき

精選版 日本国語大辞典「乱逆」の解説

らん‐げき【乱逆】

〘名〙 (「げき」は「逆」の漢音) =らんぎゃく(乱逆)
※中右記‐寛治七年(1093)一二月七日「而依大衆乱逆事、俄以辞退、仍已講明胤所勤仕也」
※高野本平家(13C前)三「保元以後は乱逆(ランゲキ)打つづいて」 〔漢書‐昭帝紀賛〕

らん‐ぎゃく【乱逆】

〘名〙 支配者などにそむきさからうこと。むほん。らんげき。
※源平盛衰記(14C前)二六「承平に将門、天慶に純友、東西に鼻を並て、乱逆(ランギャク)せしに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「乱逆」の解説

【乱逆】らんぎやく

逆。〔山碑〕皇國を立て、(こ)れ初め昔に在り。嗣世、王とし、亂を討伐す。

字通「乱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android