乳幼児ゆさぶられ症候群(読み)にゅうようじゆさぶられしょうこうぐん

妊娠・子育て用語辞典の解説

英語の「Shaken baby syndrome」の訳語乳児ゆさぶられ症候群)。赤ちゃんや小さな子どもが激しくゆさぶられるなど大きな衝撃を受け、頭蓋内出血眼底出血を起こし、死亡したり重い障害を招くことです。最初の報告は「虐待事例」で、泣く赤ちゃんの体を親が強く揺さぶるのが原因でした。日常の子育ての中ではそう神経質になることはありませんが、少なくとも「赤ちゃんの体をゆさぶったり、強い衝撃を与えてはいけない」ということは覚えておきたいものです。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乳幼児ゆさぶられ症候群の関連情報