コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳貰い チチモライ

5件 の用語解説(乳貰いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちち‐もらい〔‐もらひ〕【乳×貰い】

母乳が足りないため、乳児のために、他人の乳をもらうこと。ちもらい。

ち‐もらい〔‐もらひ〕【乳×貰い】

ちちもらい」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちちもらい【乳貰い】

乳児を養うために、他人の乳をもらうこと。ちもらい。
乳をほしがって泣く赤子をだいてさまよう男が、別れた女にめぐり会うという趣向の歌舞伎脚本の総称。

ちもらい【乳貰い】

ちちもらい(乳貰) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳貰い
ちもらい

歌舞伎(かぶき)劇。世話物。二幕。大阪では「ちちもらい」と読む。絵師狩野四郎次郎(かのうしろじろう)は遊蕩(ゆうとう)で身を持ち崩し、貧に迫って金をつけた乳飲み子を貰い子し、ある家の軒下で二階から乳をかけられ、捨てる乳を貰ったのが縁で許嫁(いいなずけ)の小雪と再会、その乳飲み子こそ自分と小雪の間に生まれた子と知る。四郎次郎が暗闇(くらやみ)の真葛(まくず)が原で許嫁とも知らず通りすがりの小雪を犯す官能的な場面と、乳貰いの滑稽(こっけい)味で知られる和事(わごと)風の上方(かみがた)喜劇の代表作。近年は多く『積情雪乳貰(つもるなさけゆきのちもらい)』の名題で上演されるが、原名は『花雪恋手鑑(はなとゆきこいのてかがみ)』で、3世中村歌右衛門(うたえもん)が金沢竜玉(りゅうぎょく)の筆名により企画者西沢一鳳(いっぽう)と合作で1833年(天保4)1月大坂角(かど)の芝居の『けいせい稚児淵(ちごがふち)』のなかに取り入れて演じたのが初演。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乳貰いの関連キーワード他人のためにする保険契約足りない乳児脚気脳足りん物足りない飽足りない食足りない脳味噌が足りない不念離乳期

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone