コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾皮症 かんぴしょうxerosis; xeroderma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾皮症
かんぴしょう
xerosis; xeroderma

皮膚乾燥症ともいう。皮脂分泌が減少したり,角質層の水分が減少して,皮膚が乾燥してザラザラになり,米ぬかのように細かい落屑がある状態。小児,老人に多く,冬季に悪化し夏季に軽快する。ときにかゆみを伴うことがあり,乾皮症性皮膚 瘙痒症という。また,掻破して湿疹性病変を生じた場合は乾皮症性皮膚炎という。後者は中高年者の下腿,次いで下腹部,腰臀部などに好発する。しばしば貨幣状湿疹様となり,自家感作性皮膚炎原発巣となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんぴ‐しょう〔‐シヤウ〕【乾皮症】

皮脂や汗の分泌が低下して、皮膚が乾燥し、鱗屑(りんせつ)や浅い亀裂を生じた状態。かゆみや湿疹を伴うこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

乾皮症の関連キーワード老化にともなう皮膚の病気と症状老人性乾皮症(皮膚のかさかさ)おもな皮膚病変の俗名と学名遺伝性対側性色素異常症がん発生のメカニズム日焼け/色素性乾皮症光線過敏性皮膚炎神経皮膚症候群遺伝(がんの)老人性乾皮症筒井 八百珠有棘細胞がんユビキチン皮膚瘙痒症有棘細胞癌前癌状態光過敏症皮膚癌遺伝病鱗屑

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乾皮症の関連情報