コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾隆ガラス けんりゅうガラスQian-long

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾隆ガラス
けんりゅうガラス
Qian-long

中国,清代に作られたガラス製品。ことに乾隆年間に発達してすぐれたものが作られたので,当代のガラス器の俗称となった。製法は初め中国古来の技法である鋳造法を用いていたが,乾隆期後半より西洋の技術を導入して吹きガラス技法を使用。清の康煕年間 (1662~1722) に北京にガラスの官営工場が設けられてから広く普及し,やがて山東省博山がその最大の産地となった。乾隆ガラスは壺,鉢,皿などさまざまの用途に応じて製品化され,技法も型に流したもの,色被 (き) せガラスに彫刻を施したもの,違った色を部分的に組合せたものなど複雑な展開をみせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんりゅうガラス【乾隆ガラス】

中国,清代乾隆帝の時代のガラス器。中国のガラスの歴史は紀元前11世紀の西周にはじまるとされているが,戦国時代から宋代になるまで鉛ガラスが主であった。つくられた器物は西洋に比べて劣っていたが,明代になって西洋のガラス製造の技術が導入され,首都北京にガラス器の工場ができた。清の康熙帝の1680年,宮廷用の工場として瑠璃廠(るりしよう)がつくられ,乾隆帝の時代に技術は最高潮に達した。製品は瓶,壺,鉢,嚊煙壺(かぎタバコ入れ)などで,白色不透明または半透明のガラスの上に緑,赤,黄などの色ガラスを厚くかけた後,この色ガラスを玉器の細工のように浮彫りにして草花,人物などを表現したものが特徴的である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

乾隆ガラスの関連キーワード清の美術ルソー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android