コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾食/乾蝕 カンショク

デジタル大辞泉の解説

かん‐しょく【乾食/乾×蝕】

空気の流通の悪い所に貯蔵したときに生じる木材の腐食。
金属表面に高温のガスが接触することで生じる腐食酸化物の被膜が生成され、金属表面と酸化物層の間の局部的な電位差によって腐食が進行する。⇔湿食

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の乾食/乾蝕の言及

【腐食】より

…この自己防食性に優れた酸化物超薄膜を破壊する主要な原因は三つある。第1は水(湿食),第2は温度(乾食),第3は応力(機械的応力下の腐食)である。水の存在下で金属の酸化が起こると,通常結果として水和酸化物コロイド粒子の集合体である〈さび〉が生成する。…

※「乾食/乾蝕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乾食/乾蝕の関連キーワード金属の腐食砂漠舗装

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android