コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾飯(読み)かれいい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾飯
かれいい

ほしいいともいい,とも書く。米を蒸して干したもので,昔は旅行などに携行して食用とした。

乾飯
ほしいい

乾飯」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

乾飯【ほしいい】

糒(ほしい),(かれい)とも。糒の音はビで備に通じ,急に備える米の意。米を蒸して陰干ししたもの。水に浸したり湯をかけてもどして食べる。古くから携帯食保存食とされた。道明寺糒もち米によるもので,河内道明寺平安時代からつくられている。現在も菓子材料とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほしいい【乾飯】

干したの意で,〈ほしい〉〈かれいい,かれい(餉)〉ともいい,糒とも書く。米を蒸して乾燥したもので,湯や水にひたし,あるいはそのまま食べた。貯蔵性が高いうえに簡単に食べられるので,古くから旅行用,軍事用の携行食として重視され,不動倉に備蓄されることもあった。《伊勢物語》の東下りの段には〈乾飯(かれいい)のうへに涙おとしてほとびにけり〉とある。江戸時代には道明寺(どうみようじ)糒が,仙台の糒とともにその良質をうたわれ,道明寺は糒の同義語にもなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の乾飯の言及

【携帯食糧】より

…貯蔵保存性の点で,古くから備蓄用の食料とされたものも多く,調理の省略化をめざす面では,いわゆる非常食や宇宙食とも密接な関連をもつ。 日本では古くから焼米や乾飯(ほしいい)(糒(ほしい))が用いられた。焼米はもみをいって殻を除いたもので,水や湯をかけ,あるいはそのまま食べた。…

【乾飯】より

…貯蔵性が高いうえに簡単に食べられるので,古くから旅行用,軍事用の携行食として重視され,不動倉に備蓄されることもあった。《伊勢物語》の東下りの段には〈乾飯(かれいい)のうへに涙おとしてほとびにけり〉とある。江戸時代には道明寺(どうみようじ)糒が,仙台の糒とともにその良質をうたわれ,道明寺は糒の同義語にもなった。…

【携帯食糧】より

…貯蔵保存性の点で,古くから備蓄用の食料とされたものも多く,調理の省略化をめざす面では,いわゆる非常食や宇宙食とも密接な関連をもつ。 日本では古くから焼米や乾飯(ほしいい)(糒(ほしい))が用いられた。焼米はもみをいって殻を除いたもので,水や湯をかけ,あるいはそのまま食べた。…

※「乾飯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android