コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん【乾】[漢字項目]

常用漢字] [音]カン(呉)(漢) ケン(漢) [訓]かわく かわかす ほす いぬい
〈カン〉
かわく。かわかす。「乾期乾湿乾燥乾物乾電池
空にする。「乾杯
〈ケン〉
天。「乾坤(けんこん)
天子・君主・男を表す。「乾徳
いぬい。北西。「乾坤(けんこん)
[名のり]きみ・すすむ・たけし・つとむ・ふ
[難読]乾鮭(からざけ)・乾児(こぶん)・乾葉(ひば)

けん【乾】

易の八卦(はっけ)の一。で表す。陽の卦で、天や男にかたどり、方位では、戌(いぬ)と亥(い)との間、北西に配する。⇔坤(こん)

ひ【乾/干】

かわくこと。かわき。他の名詞の上に付いて複合語をつくることが多い。「―が足りない」「―潟(がた)」「―物(もの)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けん【乾】

易の八卦の一。算木で☰の形で示す。天・陽などを象徴し、北西(いぬい)の方角に配する。 ↔ こん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【易】より

…左の掌中にある筮竹を右手で8本ずつ除去していき,小指の分も入れて残りが8本以内になったらやめる。残りが1本なら☰乾(けん)(天),2本なら☱兌(だ)(沢),3本なら☲離(火),4本なら☳震(雷),5本なら☴巽(そん)(風),6本なら☵坎(かん)(水),7本なら☶艮(ごん)(山),8本なら☷坤(こん)(地)。これで内卦(六爻(こう)の下半分)が得られた。…

※「乾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乾の関連キーワード釣り鐘墨・釣鐘墨四庫全書総目提要乾しいたけの日平定準噶爾方略フリーボードドライドック易林本節用集音羽屋惣太郎利子内親王キセロゲル大清一統志とんだ霊宝高宗(清)乾燥食品乾陀羅樹乾燥果実防乾紙育宝永小判湿球温度パイカル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乾の関連情報