コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井一郎 かめい いちろう

1件 の用語解説(亀井一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井一郎 かめい-いちろう

1884-1932 明治-昭和時代前期の大陸浪人。
明治17年生まれ。東京永福寺の住持の養子となる。僧名は祥光。宮崎滔天(とうてん)と知りあって中国問題に関心をよせ,辛亥(しんがい)革命がおこると,僧籍をすてて上海にわたり,革命軍に協力した。昭和7年4月死去。49歳。三重県出身。旧姓は井上。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀井一郎の関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣凝灰岩イタリア映画冒険小説詩と詩論井上馨キンダー佐竹義尭

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone