しんがい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しんがい
しんがい

一般的には中・近世において原野や山林を開いて新しく田、畑、屋敷を造成すること。またその土地。漢字をあてれば「新開」であろう。しかし、家族員の私有の財産をさす「ほまち」と同様の意味に使われた場合も多い。田畑の収穫はそれぞれの家(家長)に帰するわけだが、家族員や下人(げにん)などに若干の土地を私的に分与してそれを耕地化させ、その収穫はそれぞれの家族員や下人などがとる場合、このような個人的な収入を「しんがい」とか「ほまち」とかいった。[木村 礎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しんがいの関連情報