コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しんがい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しんがい
しんがい

一般的には中・近世において原野や山林を開いて新しく田、畑、屋敷を造成すること。またその土地。漢字をあてれば「新開」であろう。しかし、家族員の私有の財産をさす「ほまち」と同様の意味に使われた場合も多い。田畑の収穫はそれぞれの家(家長)に帰するわけだが、家族員や下人(げにん)などに若干の土地を私的に分与してそれを耕地化させ、その収穫はそれぞれの家族員や下人などがとる場合、このような個人的な収入を「しんがい」とか「ほまち」とかいった。[木村 礎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

しんがいの関連キーワードあキューせいでん中国革命同盟会章士【しょう】醇親王載灃慶親王奕劻心外無別法粛親王善耆竹原塩田阿Q正伝五族共和勝木恒喜浦上正孝中華民国黎元洪胡漢民労乃宣王国維袁世凱大総統孔祥熙

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しんがいの関連情報