コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井孝 かめい たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井孝 かめい-たかし

1912-1995 昭和-平成時代の国語学者,言語学者。
明治45年6月3日生まれ。昭和30年一橋大教授。のち成城大教授,東洋文庫評議員。日本語の音韻史,文字史の理論的研究をおこなった。平成7年1月7日死去。82歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「亀井孝論文集―日本語学のために」「言語文化くさぐさ」など,編著に「日本語の歴史」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かめいたかし【亀井孝】

1912~1995) 言語学者・国語学者。東京生まれ。一橋大教授。上代から中世にかけての音韻史を中心に多くの業績を残した。著「日本語学のために」「日本語のすがたとこころ」、ほかに「言語学大辞典」の編集など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

亀井孝の関連キーワード忌みことば亀井 孝当て字こころ悉曇蔵語族中世業績雲脚上代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android