コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀田末雅 かめだ すえもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀田末雅 かめだ-すえもと

1761-1824* 江戸時代中期-後期の神職。
宝暦11年生まれ。伊勢神宮外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ)となる。詩文や神宮の故事に通じ,律令にもくわしかった。門人に足代弘訓(あじろ-ひろのり)らがいる。文政6年12月7日死去。63歳。本姓は藤原。初名は卓重。字(あざな)は敬文。通称は左衛門,加賀など。号は寄生園。著作に「伊勢物語童子問修刪」「寄生園遺稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

亀田末雅の関連キーワード北尾派ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちシャルルボアシュパンベルグスパンベルグラモーの甥バーラージー・バージー・ラーオ上田秋成ショアズール

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android