コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀田高綱 かめだ たかつな

2件 の用語解説(亀田高綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀田高綱 かめだ-たかつな

1558-1633 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)元年生まれ。柴田勝豊につかえたが追われ,浅野長政・幸長(よしなが)につかえる。関ケ原の戦い,大坂の陣に功をたてた。寛永元年論功をめぐって上田重安とあらそい,浅野家をさって隠居。寛永10年8月13日死去。76歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本姓は溝口。通称は半之丞,権兵衛

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

亀田高綱

没年:寛永10.8.13(1633.9.16)
生年:永禄1(1558)
安土桃山時代の武将。通称は半之丞,権兵衛,大隅守。鉄斎員徳と号す。溝口半左衛門の子。はじめ柴田勝豊に仕えた。のち柴田家を追われ,姓を亀田と改め,浅野長政に仕える。小田原の役,文禄・慶長の役,関ケ原の戦に参陣。慶長6(1601)年浅野家の紀州移封に際し7000石余を与えられ,家老となる。元和1(1615)年大坂夏の陣に功名を挙げる。しかし,寛永1(1624)年論功のことで上田重安と争い浅野家を去った。武功に誇る戦国武将の一徹さに由来するとされる。和泉堺,のち高野山下に隠棲した。「亀田大隅一代働覚」「泉州樫井表合戦次第覚書」を著した。

(平野明夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀田高綱の関連キーワード和久是庵文閑細川玄旨牧興相山岡如軒安土桃山時代黒田如水後藤基次塙団右衛門横目付

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone