コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田重安 うえだ しげやす

2件 の用語解説(上田重安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田重安 うえだ-しげやす

1563-1650 織豊-江戸時代前期の武将,茶人。
永禄(えいろく)6年生まれ。豊臣秀吉につかえる。関ケ原の戦いののち蜂須賀家政,ついで浅野幸長(よしなが)にまねかれる。茶道を千利休,古田織部,小堀遠州にまなぶ。また紀伊(きい)粉河(こかわ)寺(和歌山県)の庭園などもきずいた。慶安3年5月1日死去。88歳。通称は佐太郎,主水正。号は宗箇,是斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上田重安

没年:慶安3.5.1(1650.5.30)
生年:永禄6(1563)
安土桃山時代の武将。茶人。幼名は亀丸。通称は佐太郎,主水正。宗箇,是斎と号す。上田重元の子。天正13(1585)年豊臣秀吉に仕え,越前国西方内6453石を与えられる。文禄2(1593)年蔵入地代官となる。慶長5(1600)年関ケ原の戦には西軍に属す。戦後,蜂須賀氏,のち浅野氏に庇護される。茶を,千利休,古田織部に学び,小堀遠州から伝書を受けた。その茶の湯は,武将らしい豪放さと漢学の素養に包まれたものと評される。造園にも秀で,徳島城下千秋閣,紀州粉河寺庭園などの造営を行った。<参考文献>加計敏吉「上田宗箇」(『茶道全集』11巻)

(平野明夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

上田重安の関連キーワード毛利隆元三河一向一揆上田重安上田宗箇お蔭参りウェールズ文学高温ガス炉ドイツ語臼杵加藤嘉明

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone