了知主義(読み)りょうちしゅぎ

精選版 日本国語大辞典「了知主義」の解説

りょうち‐しゅぎ レウチ‥【了知主義】

〘名〙 隔地者の間でなされた意思表示は、その内容が相手方に実際に了知された時点、たとえば相手の人が手紙を読み終わった時点をもって、その効力を生ずるものとする主義。〔袖珍新聞語辞典(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「了知主義」の解説

りょうち‐しゅぎ〔レウチ‐〕【了知主義】

意思表示の効力が発生する時期を、相手方がその内容を了知したときとする主義。例えば、手紙を読みおえたときなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android