コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了菴桂悟 りょうあんけいご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

了菴桂悟
りょうあんけいご

[生]応永32(1425)
[没]永正11(1514).9.15. 京都
室町時代の臨済宗僧。「了庵」とも書く。真如寺の大疑信の法を継ぎ,文明年間 (1469~87) 安養寺に住み,のち東福寺に移住。永正3 (1506) 年遣明使節として明に渡り,帰国後南禅寺に住して山門を再興した。晩年は東福寺の大慈院に退き,そこで没した。書にも優れた。主著『壬申入明記』および『語録』 (2巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

了菴桂悟の関連キーワード岳翁蔵丘