二反長 半(読み)ニタンオサ ナカバ

20世紀日本人名事典の解説

二反長 半
ニタンオサ ナカバ

昭和期の小説家,児童文学作家



生年
明治40(1907)年11月20日

没年
昭和52(1977)年7月5日

出生地
大阪府茨木市

学歴〔年〕
法政大学高等師範部国漢科〔昭和7年〕卒

主な受賞名〔年〕
小学館文化賞(第2回)〔昭和28年〕「子牛の仲間」,児童文化功労者(第29回)〔平成1年〕

経歴
女学校教師をつとめていたが、昭和9年上京し「星座」同人となって児童文学を執筆。14年少年文芸懇話会を結成し「少年文学」を創刊。16年「桜の国の少年」を刊行。以後も児童文学作家として幅広く活躍し、「大地に立つ子」「自転車と犬」「子牛の仲間」「うかれバイオリン」や評論集「児童文学の展望」などの著書がある。また、実父で阿片王として知られた二反長音蔵の伝記「戦争と日本阿片史 阿片王二反長音蔵の生涯」もある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

二反長 半 (にたんおさ なかば)

生年月日:1907年11月20日
昭和時代の児童文学者;児童文学作家
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android