二君(読み)じくん

精選版 日本国語大辞典「二君」の解説

じ‐くん【二君】

〘名〙 (「じ」は「二」の漢音) 二人の主人。また、二人の君主。にくん。
※平松家本平家(13C前)九「忠臣は二君に仕へず」
浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)九「追従武士の祿を取本蔵殿と、二君(ジクン)に仕へぬ由良助が大事の子に、釣合ぬ女房は持されぬと」 〔礼記‐坊記〕

に‐くん【二君】

〘名〙 ふたりの君主。じくん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「二君」の解説

じ‐くん【二君】

二人の君主。にくん。
「サレバ忠臣—ニツカエズ」〈天草本平家・四〉

に‐くん【二君】

二人の君主。じくん。「忠臣は二君に仕えず」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android