コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二塚長生 ふたつか おさお

1件 の用語解説(二塚長生の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二塚長生 ふたつか-おさお

1946- 昭和後期-平成時代の染色家。
昭和21年8月12日生まれ。加賀友禅の工房で学び,昭和49年独立。糸目糊置(いとめのりお)きによって模様を白くあらわす「白上げ」技法により自然の動きをとらえる。50年日本伝統工芸展初入選。55年日本工芸正会員。平成3年友禅着物「寒瀑(かんばく)」で日本伝統工芸染織展文化庁長官賞など受賞をかさね,12年友禅着物「白波」で日本伝統工芸展文部大臣賞。22年友禅で人間国宝。富山県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

二塚長生の関連キーワード小宮康正小宮康孝佐野猛夫鈴田滋人芹沢長介玉那覇有公松原八光皆川月華山田貢吉岡幸雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二塚長生の関連情報