二子塚古墳〈大阪府〉(読み)ふたごづかこふん

国指定史跡ガイドの解説

ふたごづかこふん【二子塚古墳〈大阪府〉】


大阪府南河内郡太子町山田にある古墳。山田高塚古墳推古天皇陵)の東方約200mの傾斜地をなす段丘上に位置する。2基の方形の墳丘が西南方から東北方にわたって並列する双方墳で、7世紀前半の築造と推定され、それぞれの墳丘には東南に開口をもつ横穴式石室があり、いずれの石室にも家形石棺が収められていた。石室は長方状の箱形で、東北方にあるものは長さ約5m、幅約1.8m、高さ約1.6m、西南方のものは長さ約5.3m、幅約1.5m、高さ約1.55mで、壁面に漆喰(しっくい)の痕跡をとどめている。刳()り抜き式の石棺はそれぞれ石室のほぼ中央にあり、長さ約2.2m、幅約1m、高さ約0.7m、蓋は縄掛突起が退化した1枚石の蒲鉾形をしている。古墳時代の終末期に属する古墳としては稀有で、学術上の価値が高いことから、1956年(昭和31)に国の史跡に指定された。地元にはこの古墳こそが、本当の推古天皇と竹田皇子の合葬陵であるとする言い伝えもある。近畿日本鉄道南大阪線上ノ太子駅から車で約14分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android