二川相近(読み)ふたがわ すけちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二川相近 ふたがわ-すけちか

1767-1836 江戸時代後期の書家,歌人。
明和4年11月生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。家は代々の料理方。亀井南冥(なんめい)に師事して儒学をまなんだが,書道を研鑽して書道方となり,二川流を創始。歌づくりにもはげみ,とくに今様を得意とした。門人に大隈言道(おおくま-ことみち)。天保(てんぽう)7年9月27日死去。70歳。通称は幸之進。号は松蔭,篁里,嬰風。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android