二年間の休暇

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二年間の休暇
にねんかんのきゅうか
Deux ans de vacances

フランスの作家ジュール・ベルヌの長編小説。1888年刊。1896年(明治29)森田思軒(しけん)の訳著以来、日本では『十五少年漂流記』の題名で知られる。休暇の船旅で15人の少年たちの乗り込む船が、ふとしたことで大洋に漂流、嵐(あらし)にあい無人島に漂着、2年間にわたる冒険生活が始まる。苦難の日々が続くなか、イギリス、フランス、アメリカなどの各国少年の間に羨望(せんぼう)と野心から仲間割れが生じるが、反乱水夫たちの島内侵入と襲撃を前に、団結と相互理解が芽生え、ついに少年たちは島からの脱出に成功する。[私市保彦]
『朝倉剛訳『二年間の休暇』(1968・福音館書店) ▽金子博訳『十五少年漂流記』(旺文社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二年間の休暇の関連情報