コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条為冬 にじょう ためふゆ

美術人名辞典の解説

二条為冬

鎌倉末室町初期の公卿・歌人。為世の五男。幼名は幸鶴。正四位下左中将に任じられる。為冬の和歌は『続後拾遺集』以下の勅撰集に二十首選入され、家集『前参議為冬卿』がある。足利尊氏追悼軍に加わり竹ノ下の合戦で建武2年(1335)歿、享年未詳。贈従三位。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条為冬 にじょう-ためふゆ

?-1335 鎌倉-南北朝時代の公家,歌人。
二条為世(ためよ)の子。父に和歌をならう。建武(けんむ)2年足利尊氏追討軍にくわわり,同年12月12日箱根竹の下の合戦で戦死。歌は「続(しょく)後拾遺和歌集」などにある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

二条為冬の関連キーワード南北朝時代二条為世二条為重

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android