コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条為冬 にじょう ためふゆ

2件 の用語解説(二条為冬の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

二条為冬

鎌倉末室町初期の公卿・歌人。為世の五男。幼名は幸鶴。正四位下左中将に任じられる。為冬の和歌は『続後拾遺集』以下の勅撰集に二十首選入され、家集『前参議為冬卿』がある。足利尊氏追悼軍に加わり竹ノ下の合戦で建武2年(1335)歿、享年未詳。贈従三位。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条為冬 にじょう-ためふゆ

?-1335 鎌倉-南北朝時代の公家,歌人。
二条為世(ためよ)の子。父に和歌をならう。建武(けんむ)2年足利尊氏追討軍にくわわり,同年12月12日箱根竹の下の合戦で戦死。歌は「続(しょく)後拾遺和歌集」などにある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

二条為冬の関連キーワード二条為忠冷泉為孝三条実任鴨祐夏藤原為氏藤原為世蝦夷管領二条非茶天爾葉大概抄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone