二河白道図(読み)にがびゃくどうず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二河白道図
にがびゃくどうず

中国,唐の善導の『観無量寿経疏』に説かれる比喩を図示したもの。画面の下部手前に現世のありさまを,上部に極楽浄土を描き,人間の貪愛と瞋恚 (しんい) を象徴する水,火の二河が両者を隔て,その間に通じる一筋の白道を浄土信仰者が進むべき清浄な願往生心という道にたとえている。手前には釈迦が立って白道を進むことを勧め,向こうでは阿弥陀仏が迎えている。浄土諸宗で鎌倉時代以降盛んに制作され,光明寺本,香雪美術館本などが優れた作例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android