コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重円筒ケーソン にじゅうえんとうケーソン

1件 の用語解説(二重円筒ケーソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重円筒ケーソン
にじゅうえんとうケーソン

水深 50m程度の沿岸域に設置して外海からの波浪の進入を制御し,静穏海域を造成して漁業,海水浴ヨットなどの海洋レジャーに利用するための浮体構造物。直径約 32m,高さ約 26mのコンクリート製で,内・外側円筒壁,底板,中間底板などから構成され,二重の円筒の間はドーナツ状の遊水室になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

二重円筒ケーソンの関連キーワード世界水泳選手権加來知恵垣ノ島遺跡フィンスイミングバイアスロンボブスレーIKAROSアクキガイ石舞台古墳ウパス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone