複式火山(読み)ふくしきかざん(英語表記)composite volcano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複式火山
ふくしきかざん
composite volcano

数回にわたり不連続的により小規模な火山体が複雑に形成され,二重式,三重式,四重式になった火山の総称成層火山の中央にカルデラが形成されたあとに,その内部に小規模な火山丘ができる場合が少くない。内部の小火山丘を中央火口丘,カルデラの周囲をなす環状山稜外輪山と呼ぶ。外輪山の内側に火口原火口原湖がみられることもある。外輪山を切って流出する川を火口瀬という。外輪山が2重に取巻いている火山を三重式火山と呼ぶ。赤城榛名有珠などの火山は二重式,箱根は三重式火山の例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

複式火山【ふくしきかざん】

一つの火山の火口内にさらに小火山体ができたもの。二重式火山や三重式火山がそれでcomposite volcanoの。成層火山や数個の火山群を意味する場合もあり,複合火山とはこれらすべてを包括した名称でcomplex volcanoの訳。複成火山とは休止期をはさんで噴火活動が繰り返されてできた火山の意味でpolygenetic volcanoの訳。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふくしき‐かざん ‥クヮザン【複式火山】

〘名〙 一つの火山の火口やカルデラに小火山が二重・三重に噴出してできた二重式火山・三重式火山をいう。大島三原山、阿蘇山、浅間山など。⇔単式火山

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくしきかざん【複式火山 composite volcano】

単純な形態と内部構造をもつ単式火山(成層火山,溶岩円頂丘,砕屑丘など)に対して,複数の単式火山が,古い火山体の破壊期をはさんで,重なって生じた複雑な火山をいう。普通にはカルデラをもつ火山体とその中央火口丘の総称で,カルデラが一つの場合は二重式火山,二つなら三重式火山などと呼ぶが,富士山のようにカルデラがなくて新旧の成層火山や側火山が重なった複式火山もある。【鈴木 隆介】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android