コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重標識水法

1件 の用語解説(二重標識水法の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

二重標識水法

 エネルギー代謝量を間接的に測定する方法で,二重標識水を投与し,体内での標識の稀釈速度からエネルギー代謝量を求める.炭水化物と脂肪が体内で燃焼した場合,生成する水と二酸化炭素の比率が異なることを利用する方法.従来使われた直接法(代謝ユニットに入って,熱損失を直接測定する方法)や間接法(呼吸試験から求める方法)と比べて活動が制約されない状況で測定できる長所がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二重標識水法の関連キーワードエネルギー代謝エネルギー代謝率熱損失安静時代謝量エネルギー学間接エネルギー測定法基礎代謝量生活活動指数ダグラスバッグ直接エネルギー測定法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone