コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重舞台 ニジュウブタイ

大辞林 第三版の解説

にじゅうぶたい【二重舞台】

大道具の一。平舞台上に家の床・岩・土堤などを高く作り上げるのに用いる台。高さによって、常足つねあし・中足ちゆうあし・高足たかあしなどがある。二重。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の二重舞台の言及

【歌舞伎】より

…名称の由来は〈いさり火〉に似たからというが,不詳である。 置舞台(おきぶたい)大道具で,舞台の上に敷きつめる檜板製の二重舞台のこと。舞踊や様式的な時代物などで使う。…

※「二重舞台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二重舞台の関連キーワード長谷川勘兵衛(8代)揚げ舞台・揚舞台歌舞伎の用語所作舞台回り舞台袱紗人形ちゅう揚舞台大道具高足たか三段中足二重常足土堤

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android