コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

于闐国懸記 うてんこくけんきYu-tian-guo-xuan-ji; Yü-t`ien-kuo-hsüan-chi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

于闐国懸記
うてんこくけんき
Yu-tian-guo-xuan-ji; Yü-t`ien-kuo-hsüan-chi

ホータン (于闐) のビジャヤ (尉遅〈うっち〉) 王家の歴史と,同地における仏教の興亡を記述した書。『于闐国記』とも略称される。チベット文。原名は"Li yul lurṅbstan pa"。著者は不明。東トルキスタン (新疆) の古代史の貴重な史料。唐の法成による漢訳があり,『釈迦牟尼如来像法滅尽之記』と題される。久しく伝わらなかったが,20世紀になって敦煌写本のなかから発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android