コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十川訒堂 いそがわ じんどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十川訒堂 いそがわ-じんどう

1835-1902 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)6年生まれ。備後(びんご)(広島県)福山藩士。藩校誠之館で関藤藤陰(せきとう-とういん)にまなび,のち義兄の江木鰐水(がくすい)や森田節斎に師事。ついで江戸の昌平黌(しょうへいこう)にはいり,助教となる。明治14年大阪師範教諭。明治35年2月死去。68歳。名は淵。字(あざな)は士深。通称は左武郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

五十川訒堂の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門バルザックポー(Edgar Allan Poe)コワニェオレンジ自由国正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android